京都駅前・武田病院画像診断センター/PET-CT・MR検査による もの忘れドック

HOME

文字サイズ   

若年性アルツハイマー

認知症は高齢者だけに限らず、若い年齢においてもおこることがあります。
若ければ18歳から発症し、64歳以下のものを若年性アルツハイマーといいます。
原因や症状は高齢者の場合と同じですが、頭部損傷などの事故による後遺症でおこることもあります。

若年性アルツハイマーの患者数は全国で10万人とも

最初は「あれ、何だっけ」という一時的なもの忘れから始まりますが、やがて進行していくと会議の予定を忘れたり、同僚の名前や取引先の場所がわからなくなったりするため、仕事を続けることもできなくなります。また、徘徊などの行動障害も出てきます。 若年性の患者数は、厚生労働省の補助事業による調査を根拠に全国で10万人前後ともいわれていますが、正確な実態はわかっていません。

認知症の種類

若年性アルツハイマー型認知症
原因と症状

原因と症状は通常の場合と同じで、βアミロイドによる老人斑、脳の萎縮です。
女性に多くみられます。
ただ若年性の場合は遺伝によるケースもあるので、親族でアルツハイマー型認知症の方がおられる場合は注意が必要です。

危険信号

初期では頭痛やめまい、不眠がみられます。また、不安感や自発性の低下、抑うつ状態にもなります。
本人も気づかないことが多く、仕事でのストレスやうつ病と間違えやすいので注意が必要です。
発症すると自己中心的になったり、前より頑固になったり、他人への配慮がなくなります。
もし身近にそういう人がいれば、そっと教えてあげてください。
アルツハイマー型認知症は放っておくとどんどん進行していくので、早期発見と早期対策が重要になります。

若年性脳血管性認知症
原因と症状

これも通常の場合と同じで、脳梗塞により血管が詰まったり、血流の量が減るなどして脳細胞のはたらきが低下するためにおこります。男性に多くみられます。

危険信号

「もの忘れが多くなった」「計算ができなくなった」などの症状は重要な判断ポイントになります。
脳の一部の機能が低下してしまうため、あることは忘れても他のことはしっかりと覚えている「まだらボケ」も特徴です。
高血圧や脳卒中の経験がある人は注意が必要です。

治療法はさまざま

もし、若年において認知症と診断されたらどうしますか? 並大抵のショックではないと思いますが、治療法はさまざまです。 早期発見により、改善されますし、回復の可能性もあります。 アルツハイマー型の場合はしっかりとリハビリに努めましょう。 脳血管性の場合は、規則正しい生活と、栄養バランスのとれた食事に気をつけましょう。

認知症と判断されても、しっかりとそれを受け止めて改善に努めることで、回復の可能性はありますので安心してください。

少しでも不安に思ったら、すぐにもの忘れドックを受けてみてください。

コース内容・費用

認知症予備軍
軽度認知障害(MCI)

進行性のアルツハイマー型認知症では、認知機能が低下していく過程で、日常生活に支障が出るまでの間に、5年から10年の期間があります。この間の、記憶に関する障害があり、一般的な認知機能や日常生活は保たれている状態を軽度認知障害(Mild Cognitive Impairment:MCI)といいます。(図1参照)

加齢関連認知低下(AACD)

認知症や軽度認知障害まで重くはないが、記憶や集中力、問題解決能力、言語などにおいて能力が低下していたり、年齢適応の認知評価より著しく低い状態のことをいいます。

また、単なる記憶障害(軽度認知障害)では認知症に移行する率は約10%であるのに対して、他の認知障害も併発している場合(加齢関連認知低下)ではその3倍ほどにもなります。

認知症予防には少しでも早い発見と対策が必要です。

このページの先頭へ